審査ってあるの?カードローン審査について

信用情報は必ずチェックされる


カードローン会社は善意ではなく営利目的でお金を貸しています。そのため、ちゃんと返済してくれる人に貸すというのが大前提になります。返済してくれない人に貸してしまった場合、まず、督促のための費用がかかってしまいますし、裁判して差し押さえということになれば、多額のお金が必要になるからです。そこまでしておいて、結局、相手に財産がなくてどうにもならなかったということだとまさに大損です。
では、返済してくれる人をどのように判断するのかというと、やはり審査です。特にカードローンの審査で重要視されるのが信用情報です。スマートフォンを分割で購入していたり、クレジットカードを利用している場合、返済状況が必ず信用情報に記録されます。カードローン会社はその情報を見て、申込者の信用度を測るのです。



審査で可決される信用情報と否決される信用情報


では、審査で融資が可能になる信用情報とはどのようなものでしょうか。やはり、返済に遅れたことがないというのが一番です。基本的に信用情報において直近の二年分の返済状況を確認できますが、二年間で一回も返済の遅延がなかった場合は、審査でかなり有利になることは間違いないでしょう。
反対に審査で否決される可能性がある信用情報はどのようなものかというと、やはり遅延の回数が多いものです。ただ、遅れていたとしても踏み倒しているのではなく、毎月、支払っているのであれば、審査で可決してくれるカードローン会社はあるかもしれません。
債務整理をしたことが読み取れる情報があった場合は、どのカードローン会社の審査でもかなり厳しくなります。